読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アムール

わたしはきっと一目見た時からあなたに惹かれていた

 

もう会うことはないんだろうなって思っていたけれど

 

海の向こうでまたあなたに会えた

 

それからの日々を過ごすうちに

 

だんだんと惹かれていったわたしがいた

 

あなたの面影を宿した彼女を見守る一方で

 

そのむこうにいるあなたをみていた

 

別れの足音が聞こえたと思った

 

でもその訪れはまだ先になった

 

その時、わたしは歓喜した

 

まだあなたと共にいられることに

 

そしてまた流れる日々を共に過ごし

 

思いがけずあなたを目で追っていた

 

激動の節目、その終わりに

 

ようやくあなたと二人になれた

 

振り返ればわたしのこころは

 

そうなるように働きかけたのだろう

 

知れば知るほどに正反対だった二人

 

わたしはあなたのそんなところに

 

きっと

 

 

 

あなたと彼女の姿があまりに愛おしく